<藤原氏>南家

F006:藤原乙麻呂  藤原鎌足 ー 藤原武智麻呂 ー 藤原乙麻呂 ー 藤原為憲 F007:藤原為憲

リンク F008・F025・F032・F033・F035・F043
藤原為憲

 天慶2年(939年)、常陸国における平将門との紛争に敗れた為憲は、平貞盛と共に度々の将門の探索をかわしながら潜伏する。天慶3年(940年)2月、「新皇」を僭称した将門の追討に官軍大将の一人として貞盛・藤原秀郷と協力して将門と戦い征伐に成功し、先に将門に襲撃され抑留されていた父の維幾を救援した。将門追討の恩賞として木工助(宮内省の宮殿造営職である木工寮の次官)に就任。藤原の藤と木工の工を合わせ工藤姓を興す。家紋「庵木瓜」の創始者。伊豆,駿河,甲斐,遠江権守を歴任。