清和源氏

G311:源 義国  源 経基 ― 源 頼信 ― 源 義国 ― 新田義重 G312:新田義重

リンク G313・G316・G324・G329
新田義重 額戸経義

 義重は源頼信-頼義-義家-義国と伝領した河内源氏の拠点である摂関家領上野八幡荘を継承し、また義国と共に新たに上野新田郡の開拓事業に乗り出す。その過程で源氏一族の源義賢、武蔵国の秩父氏、下野の藤姓足利氏といった諸勢力とは緊張関係に陥るが、一方南関東の支配者で弟義康と相婿でもある源義朝・義平父子とは提携し、娘の祥寿姫を義平の室としている。また甥の足利義清を猶子とし娘を嫁がせている。
 仁平3年(1153年)、内舎人に任官したことで山槐記に登場し、史上に初めて出る。保元2年(1157年)、平家系の藤原忠雅を領家として新田荘の立券に成功、新田荘司と称した。当時の上野国司藤原重家の舅が鳥羽院御願寺金剛心院の造営に深く関与をした藤原家成であり、藤原氏北家花山院流忠雅の母の兄も家成であった。
 ここに至り、かねてより敵対していた藤姓足利氏・秩父氏らと本格的に武力衝突し、渡良瀬川の強行渡河作戦によってこれを撃破し(秩父足利合戦)、さらに北関東における地盤を確固たるものにした。同時に、父・義国が加冠を行った源義清の子である甲斐国の武田信義と親交があり、信義の嗣子信光に自分の娘を嫁がせ、信義の弟・加賀美遠光の加冠を義重が行なっている。また、源盛義とも親交が深く、平賀氏一族の義隆,義澄,義資(義職)を猶子としている。更に、治承・寿永の乱に際して猶子であり娘婿でもある矢田義清が木曾義仲に与した。この事が頼朝の反感を買った要因の一つとされている。
 平家全盛時代にはこれに臣従し、従五位下・大炊助に任ぜられた。
 治承4年(1180年)の源頼朝挙兵の際には、甥足利義兼・子山名義範・孫里見義成らが早期にその麾下に帰参したのに対し、義重は一時日和見的態度を取る。この背景には、北関東での主導的地位にあり頼朝を格下に見ていたことや、新田荘が平家方の荘園であったこと、また木曾義仲とは親子2代に渡る宿敵関係でありこれを牽制する必要があった、といった要因が挙げられる。
 やがて頼朝の威勢興隆を目の当たりにし慌てて鎌倉に駆けつけるが容易に頼朝の不信感を拭うことはできず、安達盛長の取り成しでようやく帰参が叶ったという。さらに、未亡人となっていた娘の祥寿姫を頼朝の側室にと乞われるもこれを拒否し、より一層頼朝の不興を買ったと伝えられている。
 甥の足利義兼が逸早く頼朝の下に駆けつけて活躍し以後代々北条氏と姻戚関係にあって強固に結びつくことによって幕府内での地位を保ったのに対し、義重の鎌倉政権内における立場は常に微妙であり、鎌倉幕府成立のために積極的に協力したとは言いがたいものがあった。このことが足利・新田両氏の処遇の差となって表れ、後代まで尾を引いていくことになる。但し義重自身は源家の最長老であり、幕府成立時点で八幡太郎義家にもっとも血統が近い者として一定の敬意を受けていたようである。この頃に出家し、上西入道と称したという。
 晩年は、嫡男・義兼と共に新田家の家督を継いだばかりの曾孫の政義の後見役を務めた。建仁2年(1202年)に老衰のために新田荘で没した。『新田足利両家系図』によると享年89、『尊卑分脈』では享年68とする。
 慶長16年(1611年)3月22日、義重の子孫と称する徳川家康により、鎮守府将軍に任官される(贈官)。

 古文書や『吾妻鑑』など確かな史料上では確認できない人物であり、館の存在も不詳である。ただし既存の系図上では、新田義重の子息として兄4人(義俊,義範,義兼,義季)と並び必ず記載される人物である。額戸氏の一族は同族の里見氏流大井田氏と共に、越後国に進出して長岡氏,風間氏などの支流が出ている。
 なお子孫の姓から、新田荘東北部の額戸郷と長岡郷を伝えたとみられる。

新田祥寿姫 得川義秀

 祥寿姫の名は菩提寺である群馬県太田市の祥寿山曹源寺の寺伝による。法名は妙満尼とも。
  夫である義平は平治元年(1159年)12月の平治の乱で敗れたのち、翌年1月に捕らえられて20歳の若さで斬首され、祥寿姫は未亡人となる。
  『吾妻鏡』寿永元年(1182年)7月14日条によると、頼朝は伏見広綱に命じて、密かに兄の未亡人である祥寿姫に艶書を送っていた。祥寿姫は全く受け入れる気配がなく、頼朝は直接父の義重に申し入れたところ、頼朝の妻北条政子の怒りを畏れた義重は祥寿姫をすぐさま師六郎に嫁がせたことから、頼朝の勘気を被ったという。この事が頼朝による後の新田氏冷遇に繋がったとされている。ちなみに、政子の嫉妬深さを物語る逸話として有名な亀の前事件はこの年の11月の事である。
  祥寿姫のその後は不明だが、曹源寺の寺伝によれば、文治3年(1187年)に義重が祥寿姫の菩提寺として建立した六角堂が曹源寺の起源となったといい、父に先立って死去したものと見られる。

 『吾妻鏡』にのみ記されている。通説では世良田義季(得川義季)と同一人物とされるが、義季と別人だとする説が存在する。
  『吾妻鏡』の記述では、得河義秀は源頼朝の上洛の際に、新田義兼や山名義範らと共に頼朝に2度ほども同伴したと記されている。また文治4年(1188年)正月20日、頼朝の伊豆,箱根,三島神社の参詣に得河三郎義秀が同伴し、文治5年(1189年年)6月9日、頼朝の鶴岡八幡宮参拝にも得河三郎が同伴している。建久2年(1191年)2月4日、および建久6年(1195年)3月10日の件には、得河三郎と同一人物とされる「新田三郎」の事項が記載されている。通説では「義秀」を「義季」の誤記または別名とする。
  しかし、この『吾妻鏡』の記載を見ると、文治5年夏6月の箇所では、義季の同母兄で新田本家の義兼が、徳河三郎より後に記されている。このような序列を乱すことは御家人にとって不自然であり、義季との別人説が考えられている。
  また、得川・世良田などの新田一族とは全く無関係の領主とする説もある。義季が世良田を領し世良田氏を名乗ったと考えられ、また新田義重の譲状などで得河(得川)の地名が無く新田領でないと考えられることから、新田系とは別系の領主とする。しかし徳川郷は嘉応2年に存在するため義季と同一人物でよいとする反論も出されている。

 

トップへ戻る