中国系(後漢王朝)

YA01:東漢 掬  東漢 掬 ― 東漢爾波伎 YA02:東漢爾波伎

リンク YA03YA05
東漢福因 文 成覚
 推古天皇16年(608年)第三次遣隋使に大使・小野妹子に従って、高向玄理,旻,南淵請安ら7名とともに留学生として同行し、隋へ渡った。滞在は15年に及び、推古天皇31年(623年)新羅使の大使・智洗爾に従い、薬師恵日と同行して唐より帰国し、ともに唐との通交について上申している。

 壬申の乱について記述する『日本書紀』の中に、成覚は現れない。元正朝の霊亀2年(716年)壬申の乱における功臣の子に功田が与えられた際、成覚の子息である古麻呂が含まれていることから、成覚が乱で功労があったと考えられる。孝謙朝の天平宝字元年(757年)になって、成覚が与えられた功田4町が中功にあたり、2世に伝えるべきことを太政官が決めた。
 没年は不明だが、同じ文直(書直)一族の書智徳が天武天皇10年(681年)八色の姓の制定に伴って直姓から連姓に改姓しており、このとき他の氏人も同様に連姓に改姓したと考えられるため、直姓である成覚の死はそれ以前と推測できる。

書 県 書 智徳

 舒明天皇11年(639年)百済川の辺に百済宮と百済大寺を建てた際、大匠(建築技師の責任者)を務める。皇極天皇元年(642年)舒明天皇の崩御に際して、百済国から来日した弔問使のもとへ阿曇山背比羅夫,草壁磐金と共に百済国の様子を訪ねるために遣わされ、義慈王即位後の百済の政変に関する情報を入手した。
 白雉元年(650年)遣唐使で利用するための百済船の造船を行うため、白髪部鐙,難波胡床と共に安芸国へ派遣されている。

 弘文天皇元年(672年)壬申の乱の勃発時、書智徳は大海人皇子の舎人であり、6月24日に皇子が挙兵を決意して吉野を発った際、草壁皇子,忍壁皇子や20人ほどの他の舎人と共に智徳は皇子に当初から従った。
 天武天皇10年(681年)小錦下の冠位と連の姓を与えられる。天武天皇14年(684年)八色の姓の制定に伴い、書氏は連姓から忌寸姓に改姓している。また、持統朝に入ってから、壬申の乱の功労により100戸の封戸を与えられている。
 持統天皇6年(692年)5月20日に直大壱の冠位と賻物(葬儀の際の贈り物)を贈られた。この日か直前に死んだと推定される。
 大宝元年(701年)大宝律令が施行された際、大宝令の功封条に従って、かつて智徳に与えられた封戸100戸の1/4が子息に相続され、元正朝の霊亀2年(716年)には壬申の乱の功臣の子息として、智徳の子の塩麻呂が功田を与えられている。

書 薬

 壬申の年(672年)の6月、大海人皇子の挙兵を知った近江宮の朝廷は、鎮圧のための軍の動員を命ずる使いを各地に遣わした。このうち東国への使者になったのが、韋那磐鍬,書薬,忍坂大摩侶であった。6月26日夜、彼らは美濃国の不破にさしかかった。その頃美濃は大海人皇子の味方になっていたが、彼らがそのことを知っていたかはわからない。書薬と忍坂大摩侶は、伏兵に後方を遮断され、そのまま捕らえられた。韋那磐鍬は遅れてゆっくり進んでおり、前方の変事をみて引き返した。
 この事件を翌日に高市皇子が報告したところによると、尋問された薬らは、「吉野にいらっしゃる大皇弟のことで、東国の軍を発するため遣わされた韋那公磐鍬の徒である。しかし磐鍬は兵が起ったのを見て逃げ返った。」と答えたという。大皇弟とは、大海人皇子のことである。
 この後の書薬については記録がないが、乱の終結後に赦された中にいたと思われる。