中国系(後漢王朝)

CHN3:後漢王朝  新羅王朝 ― 東漢 掬 YA01:東漢 掬

リンク YA02SU01
東漢 掬 民 大火
 雄略天皇は吉備上道臣田狭が自分の妻・稚媛の美しさを自慢するのを聞いて、田狭を任那の国司として派遣した後で、稚媛を奪って妃とした。こうして磐城皇子と星川皇子が生まれた。ところが、雄略天皇は星川皇子を皇位につけてはならないと、大連の大伴室屋と東漢掬直に遺詔した。そのことが原因で、稚媛は雄略天皇が死ぬと、星川皇子に反乱を起こすよう説いた。星川皇子は母の言葉に従い、反乱を起こし、大蔵を占領した。しかし、室屋らによって大蔵に火を放たれ、星川皇子と稚媛のほか異父兄の兄君(田狭と稚媛の子)など従った者の多くが焼き殺された。吉備上道臣氏は星川皇子を助けようと軍船40隻を率いて大和に向かったが、殺されたことを聞いて途中で引き返した。

 壬申の乱が勃発したとき、民大火は近江大津京にいたらしい。大海人皇子の挙兵を知ってその子高市皇子が大津京を脱出し、6月25日に鹿深を越えて積殖山口で大海人皇子の一行に合流したとき、皇子には民大火以外に赤染徳足,大蔵広隅,坂上国麻呂,古市黒麻呂,竹田大徳,胆香瓦安倍が従っていた。鹿深は近江国甲賀郡、積殖山口は、後の伊賀国阿拝郡柘植郷と推定される。当時は伊勢国に属した。
 天武天皇11年(682年)5月16日に、倭漢直は連の姓を与えられた。14年(685年)6月20日に、倭漢連は忌寸の姓を与えられた。倭漢氏に属する民氏もこれによって姓を変えたと考えられる。     
 大宝3年(703年)7月23日に、従五位下民忌寸大火は正五位上の位を贈られ、また、弔いの贈り物をする使者が遣わされた。この日かそれより少し前に死んだと思われる。

民 小鮪 荒田井比羅夫

 壬申の年(672年)の6月29日に倭で挙兵した大伴吹負は、北進して及楽(奈良)に向かった。その途中、おそらく7月3日に、河内から大軍が来たという情報を稗田で得た。吹負は数百人ずつの3隊を分派して守備につかせた。そのうち、竜田に向かった300人の指揮官が、坂本財,長尾真墨,倉墻麻呂,民小鮪,谷根麻呂であった。彼らはその日平石野に宿営したが、高安城に敵軍がいると聞いてその山に登った。近江軍(大友皇子側の軍)は税倉を焼いて逃げた。
翌日の朝、彼らは、西方の大津・丹比の両道に壱伎韓国が率いる大軍を見た。城から下って衛我河を渡り、川の西で戦った。敗れて懼坂に用意しておいた陣営に退いた。しかし、勝った韓国軍の側では、河内国司守来目塩籠が大海人皇子側にくみするために軍を集めていた。この計画は韓国に知られ、失敗を悟った塩籠は自殺した。中一日をおいて、おそらく5日に、近江軍がいくつもの道から押し寄せてきたため退却した。
 民小鮪はこの後も大友吹負のもとで戦ったと考えられるが、その様子は『日本書紀』に現れない。『続日本紀』には、養老4年(720年)1月11日に民忌寸于志比が従五位下から従五位上になったとあり、これが小鮪のことを指す可能性があるが、確実ではない。

 荒田井氏の氏名は尾張国愛智郡荒大郷(現在の愛知県名古屋市緑区鳴海町に比定)に基づくと思われる。『坂上系図』が引用している『新撰姓氏録』「右京諸蕃」上の坂上大宿禰条の逸文に、刀禰直の子孫として荒田井忌寸がある。 
 『日本書紀』によると、大化元年(645年)7月、尾張国に派遣され、神にたてまつる幣を課している。大化3年(647年)、工人として溝瀆を誤って難波に引き、掘り直させて百姓(人民)を疲労させたという。孝徳天皇は比羅夫の誤った判断を聞き入れて、無駄な溝を掘ったのは自分の過失だとし、同時に比羅夫の役を中止した。
 白雉元年(650年)、難波長柄豊碕宮造営のため、古墳を壊された人、移住を命じられた人に物を賜与された際に、派遣されて宮の境界標を立てた。
 以降の事績は記述されていない。

東漢駒子 坂上熊毛
 用明天皇2年(587年)用明天皇が崩御すると大臣・蘇我馬子は大連・物部守屋を攻め滅ぼし朝廷の実権を握って崇峻天皇を擁立する。やがて、崇峻天皇と対立関係となった馬子に命ぜられ、崇峻天皇5年(592年)11月に駒は崇峻天皇を暗殺する。その後、駒は馬子の娘である河上娘(崇峻天皇の嬪)を奪って自らの妻とするが、河上娘を穢されたことを知った馬子に殺害された(崇峻天皇暗殺の口封じともされる)。

 駒子と甲由の間に子麻呂を置き、甲由を申田の誤りとして、熊毛を東漢坂上子麻呂の孫で、坂上申田の子とする系図もある。父の甲由が大和国高市郡の出とされるので、熊毛も同じ可能性が高い。壬申の乱が起こった際、坂上熊毛は倭京の留守司であった。倭京の倭はと読み、当時近江にあった都と別に留守司が管理していた。『日本書紀』が伝える留守司には他に高坂王があり、熊毛は王の同僚か部下であったと推測される。
 壬申の年(672年)の6月下旬に大海人皇子が兵を興すと、近江大津宮にいた大友皇子は倭京に使者を派遣して軍を発することを命じた。高坂王は使者の穂積百足,穂積五百枝,物部日向と共に軍の編成を始めた。しかしこのとき、大海人皇子側につくことを決めた大伴吹負は挙兵を目指して人数を集め、坂上熊毛と相談して、一二の漢直(倭漢直)に内応を求めた。6月29日、まず秦熊が使者のふりをして馬に乗って馳せ、「高市皇子が不破から来た。軍衆が多く従っている」と誤報を流した。陣営の兵士は驚いて逃げ散った。それから数十騎で乗り込むと、熊毛と諸々の直が内応したため、吹負は難なく指揮権を奪取した。     
 霊亀2年(716年)4月8日、壬申の年の功に対し、熊毛の子である坂上宗大が田を賜与された。天平宝字元年(757年)12月9日に、太政官は贈大錦下坂上直熊毛の功を論じて中功とし、功田6町を2世にわたって伝えると決定した。熊毛は生前に6町の功田を授かり、これが宗大に伝えられ、中功と確定したのであろう。