醍醐源氏

G791:源 高明  源 高明 ― 源 隆国 G791:源 隆国

リンク
源 隆国 源 隆俊

 宇治大納言と称された。長和4年(1014年)に従五位下となり、以後、侍従,伊予介,右近衛権中将,蔵人頭などを歴任し、長元7年(1034年)、従三位参議に至る。1043年(長久4年)権中納言に任じられる。康平4年(1061年)、権中納言を辞し、子の俊明を加賀守に申任。1067年(治暦3年)正二位権大納言に任じられるが、承保元年(1074年)権大納言を辞し、外孫である藤原師兼を申任している。
 隆国は『宇治大納言物語』の作者ともされている。

 長元8年(1035年)叙爵。左兵衛佐,左近権中将,近江介などを歴任し、永承6年(1051年)蔵人頭になり、康平2年(1059年)に参議になった。議政官として修理権大夫,近江権守,治部卿,右大弁などを兼帯するが、承保2年(1075年)3月13日薨去。最終官位は正二位権中納言兼太皇太后宮(藤原寛子)大夫だった。後三条天皇の近臣として権勢を振るっていた様子が、『古事談』などに記されている。
源 俊明 源 国明

 父隆国は宇治殿・藤原頼通の側近として東宮時代の後三条天皇に甚だ無礼であった。その為、即位後の後三条天皇は隆国の子息達を罪科に当てようと考えていた。しかし、長男の隆俊や次男の隆綱は共にその才能を愛され、天皇の近習として重用された。そこで天皇は3男の俊明にこそ鬱憤を晴らそうとしたが、内裏の火災の際の豪気な行動を高く買われ、その才能を愛でてかえって昇進させたという。
 後三条天皇崩御後も、引き続きその息子の白河天皇の近習として重用され、退位後の上皇後院の別当としても厚く信頼され、また剛直な人柄は廟堂に重きをなした。白河院政下、愛憎の別が激しく身分秩序を無視して気ままの叙位除目を行った上皇をたびたび諌めた。特に名高い逸話として以下のようなものがある。
嘉承2年(1107年)、5歳の鳥羽天皇が即位した際、天皇の外伯父藤原公実が自ら摂政就任を主張し、公実と従兄弟にあたる白河院は悩んだ。だが、俊明は頼通・師実が摂関として廟堂に尽くすところ大きく、その嫡流である忠実を抑えて、(公季以後)4代傍流であり続けた公実を摂関に就かせるのは不当であると言い切り、白河院を思い直らせたという。すなわち摂関家嫡流の危機を救ったのであり、それ以後、天皇との外戚関係の有無にかかわらず御堂流の正嫡が摂関を継承する制度が確立した。

 父の婿であった源俊明の養子となる。左衛門佐を経て、白河院政期初頭の寛治2年(1088年)ごろ越後守に任ぜられると、寛治7年(1093年)備前守、康和4年(1102年)伊予守と白河院政期前半に受領を歴任。この間に、承徳2年(1098年)正四位下に叙せられている。白河天皇の乳母子であり白河院庁の執行別当を務めた。     
 長治2年(1105年)正月に正四位上に昇叙されるが、4月上旬より熱病を発し、4月17日に卒去。享年42。最終官位は伊予守正四位上。国明が没した知らせを受けて白河院は非常に嘆き、翌日予定していた祭の見物を急遽取り止めたという。

覚猷

 覚猷は、若年時に出家し園城寺にて天台仏教・密教を修めながら、画技にも長じるようになった。長らく園城寺法輪院に住し、密教図像の集成と絵師の育成に大きな功績を残したほか、自らの画術研鑽にも努めた。
 四天王寺別当,法成寺別当,園城寺長吏など大寺社の要職を歴任する間、1132年には僧正へ、1134年には大僧正へ任じられた。
 1138年、47世天台座主となったが3日で退任し、厚い帰依を寄せていた鳥羽上皇が住む鳥羽離宮の証金剛院へ移り、同離宮の護持僧となった。以後、鳥羽僧正と呼ばれた。
 保延6年(1140)9月15日、覚猷は90歳近い高齢で死去した。その際、弟子から遺産分与に関する遺言を求められ、「遺産の処分は腕力で決めるべし」と遺したと伝えられている。
覚猷の画は、ユーモアと風刺精神に富んでおり、戯画と呼ばれる。遺言の逸話が示すように、覚猷自身、笑いのセンスに長けた人物のようであり、『宇治拾遺物語』にも覚猷のいたずら好きで無邪気な人柄が描かれている。また、覚猷は仏教界の要職を歴任しながら、当時の仏教界と政治のあり方に批判的な眼を持っていたともされている。
国宝『鳥獣人物戯画』,『放屁合戦』,『陽物くらべ』などが伝鳥羽僧正作とされている。いずれも一見単純な明るい笑いの画のようでありながら、深い批判精神を含む作品群であり、鳥羽僧正の作に擬せられている。実のところ、美術史学上、覚猷をこれらの絵画の作者とする確証はないとされている。ただし、これらの絵画は覚猷の画風をよく表しているともいわれ、鳥獣人物戯画の一部を覚猷の筆とする見解もある。