<皇孫系氏族>孝昭天皇後裔

ON03:横山義隆 〔孝昭天皇後裔〕小野妹子 ― 横山義隆 ― 田谷忠兼 ON09:田谷忠兼

リンク
愛甲季隆

 弓矢に優れ、将軍随兵や正月の御的始の射手を務める。建久4年(1193年)5月の富士の巻狩りで鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の嫡男・頼家が初めて鹿を射止めた際、その補佐を務めて頼朝に「お褒めの言葉」を賜っている。元久2年(1205年)の畠山重忠の乱で幕府による畠山重忠討伐軍に加わり、二俣川の戦いで武勇の誉れ高い重忠に矢を命中させてその首を取り、幕府軍大将の北条義時の陣に献上した。
 建暦3年(1213年)5月の和田合戦では和田義盛方に与して敗北し、兄・小太郎義久ら一族と共に討ち死にした。