嵯峨源氏

K316:嵯峨天皇  源 常/寛/明 G003:源 常/寛/明

リンク
源 常 源 興 源 頴

 東三条左大臣とも呼ばれる。  弘仁5年(814年)、信・弘とともに源朝臣姓を賜り、左京一条坊に貫付せられた。父である嵯峨天皇は、常の「操行深沈、風神静爽」なのを見て、特に寵愛したと言う。
天長5年(828年)17歳で従四位下、兵部卿に直叙され同八年従三位、翌年参議を経ずに中納言に昇進した。21歳の若さであった。その後、正三位で左近衛大将を兼ね、承和5年(838年)に大納言、同7年に右大臣・東宮傅、同11年には左大臣と順調に昇っていき、その後10年にあまりにわたって政治の首班にあり兄弟の信・定・弘とともに一大政治勢力をなした。嘉祥3年(850年)に正二位となる。
 常は「容儀閑雅、言論和順」であり、人材を見抜くのに優れ才能の士を推引し、讒侫の徒を遠ざけ、「丞相の器」と評された。承和7年(841年)には藤原緒嗣らと『日本後紀』を完成させているほか、歌人としても『古今和歌集』にその詠歌を載せる。斉衡元年(854年)に薨去。死後、贈正一位。

 承和12年(845年)正月に無位より従五位下に直叙され、仁寿元年(851年)従五位上に昇叙され、以後侍従・左右兵衛佐などを歴任し、斉衡2年(855年)正五位下になる。天安元年(857年)4月右近中将となり、翌年の天安2年(858年)に従四位下になり、貞観5年(863年)従四位上に進んだが、この間に相模国,筑前国,美作国,伊勢国の国守を兼任した。また貞観8年(866年)11月より貞観11年(869年)2月まで蔵人頭をも務めた。貞観14年(872年)11月19日、従四位上右近中将兼阿波守で卒去した。享年45。卒伝には「美姿質、能挙止。外貌雄峻、内性寛柔」とあり、幼くして学ぶことなく百氏の書を諳んじていたという。

 嘉祥3年(850年)正月に従五位下に叙爵し、同年の御斎会では百済王教福とともに元興寺使を務める。天安元年(857年)侍従に任ぜられると、文徳朝末にかけて宮内少輔,刑部少輔を歴任する。
  清和朝に入ると、天安3年(859年)伊予権介次いで備前介と地方官に転じ、同年従五位上に昇叙される。また同年12月には、かつて刑部少輔を務めていた際に、前越後守・伴竜男や前豊後守・石川宗継ら多数の罪人を濫りに放免していたことが問題となるが、頴をはじめ刑部省の諸官人は刑部大丞・丹?真総に唆されただけで同情の余地があるとして罪を免れている。
  その後、貞観7年(865年)民部少輔に任ぜられ一時的に京官に復すが、翌貞観8年(866年)には美濃守に転じ、のち信濃守,大和守を務めるなど、清和朝では主に地方官を務め、位階は正五位下に至った。
  陽成朝に入り、元慶元年(877年)従四位下に昇叙されるが、翌元慶2年(878年)には大和守から但馬権守に転じている。元慶3年(879年)10月29日卒去。

源 明

 左大臣源常の同母弟。出家後の法名は素然。横川宰相入道とも称した。室は橘氏公の娘。子に舒、建、頴、遠がいる。
  弘仁5年(814年)5月の勅により源氏を賜姓され、異母兄源信を戸主として左京一条一坊に付貫された。父嵯峨天皇の勉学奨励の勅を受けて学問に励み、諸子百家をほぼ閲覧した。性朗悟にして才学あり、天長9年(832年)正月従四位上に叙されて大学頭に任官し、以後は加賀守,近江守、播磨守などを兼任した。承和9年(842年)7月嵯峨上皇が崩御すると服喪のため解官したが、大学頭に復任後は左京大夫,播磨守,刑部卿,越中守などを兼任し、阿波守へと転任したのち嘉祥2年(849年)2月参議となった。参議になるまでの官歴のほとんどを大学頭として過ごし、兼任の地方官は遥任だった。父である嵯峨上皇の崩御以後、人生の無常を感じたらしく仏道に深く帰依し、嘉祥3年(850年)、遂に出家して素然と名乗り山中で生涯を終えた。当時の人々はその節操の高さを慕ったという。
 嵯峨源氏の中には趣味や学問に生きることを選んだ者も多いが、明はその典型的な一人だったと言えよう。

 

トップへ戻る