<神皇系氏族>天神系

OT02:大伴武日  大伴武日 ― 大伴 磐 OT02:大伴 磐

リンク OT03
大伴 磐

宣化天皇2年(537年)朝鮮半島において新羅が任那を侵攻したため、宣化天皇の命をうけた父・金村は子息の磐と狭手彦とを任那救援のために派遣する。この時、磐は筑紫国に留まって、その国政を掌り、三韓(高句麗・百済・新羅)に対して防備を固めた。一方の狭手彦は渡海して任那を鎮め、百済を助けた。
 継体朝において甲斐国山梨郡山前邑に移住し、子孫は大伴山前氏となったとする系図がある。

   

 

トップへ戻る

▲TOPへ戻る

$(window).scroll( function () { // 実行したい処理内容をここに記述 }); var ScrollPos = $(window).scrollTop(); $("#topbutton").fadeIn(); $("#topbutton").fadeOut();