<藤原氏>京家

F101:藤原麻呂  藤原鎌足 ― 藤原麻呂 ― 藤原浜成 F102:藤原浜成

リンク
藤原浜成 藤原継彦 藤原貞敏

 藤原麻呂の嫡男として、京家の中心的人物であったが、年齢的に一世代近く年上であった他の3家(南家・北家・式家)の二世世代に比べてその昇進は常に一歩後れをとらざるをえなかった。
 孝謙,淳仁朝にかけて、大蔵少輔,大判事,民部大輔などを歴任するものの、昇進は停滞し従五位下に長らく留まるが、天平宝字8年(764年)9月に発生した藤原仲麻呂の乱において孝謙上皇側に味方し、同年10月には一挙に従四位下にまで昇進する。のち刑部卿を経て、宝亀3年(772年)49歳で従四位上・参議に叙任され公卿に列す。
 宝亀4年(773年)、光仁天皇の皇太子であった他戸親王が廃され、新たな皇太子を選定する際、光仁天皇の山部親王(のち桓武天皇)を推す藤原百川に対し、浜成は山部の母(高野新笠)が渡来系氏族(和氏)の出身であることを問題視し、山部の異母弟で母(尾張女王)が皇族出身である?田親王を推挙したとされる。
 桓武天皇の即位直後の天応(781年)4月に大宰帥に任ぜられて大宰府に下向したが、6月になると歴任した官職で善政を聞いたことがないとの理由で、大宰員外帥に降格された。そして従者も10人から3人に、俸禄も3分の1に減らされ、職務の執行も停止を命じられ、大宰大弐の佐伯今毛人が代行した。これは即位した桓武天皇による、反対する勢力への見せしめ、さらにはかつて自らの立太子に反対したことに対する報復であった可能性が高い。天応2年(782年)閏正月には、娘・法壱の夫である氷上川継が氷上川継の乱を起こすと、浜成も連座し参議,侍従を解任された。その後、中央政界に復帰できないまま、延暦9年(790年)に大宰府で薨去した。享年67。
 万葉歌人であった父麻呂の血を受け継いで、浜成も歌人であり、宝亀3年(772年)現存する日本最古の歌学書である『歌経標式』を光仁天皇に撰上している。

 宝亀11年(780年)正六位上から従五位下に叙せられる。天応元年(781年)兵部少輔に任ぜられるが、翌天応2年(782年)に発生した氷上川継の乱において、父・浜成とともに連座して解官となる。のち赦されて、桓武朝では、延暦8年(789年)主計頭、延暦18年(799年)左少弁、延暦24年(805年)左中弁・讃岐守、延暦25年(806年)民部大輔を歴任する。
 平城朝では治部大輔・民部大輔を歴任し、大同3年(808年)には正五位下に叙せられる。
 嵯峨朝に入っても、大同5年(810年)従四位下、弘仁5年(814年)従四位上、弘仁11年(820年)正四位下と順調に昇進し、弘仁13年(822年)には従三位に昇叙され公卿に列した。またこの間、山城守・刑部卿を歴任している。

 承和2年(835年)従六位下・美作掾の時、遣唐使准判官に任ぜられ、承和5年(838年)入唐し長安に赴く。貞敏は劉二郎(一説に廉承武)という琵琶の名人に教えを請い、2,3ヶ月の間に妙曲を習得し、劉二郎はさらに数十曲の楽譜を贈った。また、劉二郎は貞敏の才能を見込んで、自らの娘(劉娘)を貞敏に娶らせるが、劉娘は琴や箏に優れ、貞敏は新曲を数曲学んだという。承和6年(839年)琵琶の名器「玄象」「青山」(ともに仁明天皇の御物)及び琵琶曲の楽譜を携えて日本に帰国する。なお、一説では貞敏は唐で結婚した妻を連れて帰国し、妻は日本に箏を伝えたともいう。
 帰国後、承和7年(840年)駿河介、承和8年(842年)主殿助次いで雅楽助を経て、承和9年(842年)正六位上から従五位下に叙せられる。のち、承和14年(847年)雅楽頭、斉衡3年(856年)備前介、天安2年(858年)掃部頭、貞観6年(864年)備中介を歴任。この間、天安元年(857年)従五位上に昇叙している。
 貞観9年(867年)10月4日死去。最終官位は従五位上行掃部頭。享年61。
 若い頃から音楽を非常に愛好し、好んで鼓や琴を学んだが、琵琶が最も優れていた。他に才芸ははなかったが、琵琶の演奏をもって三代(仁明・文徳・清和)の天皇に仕えた。特別な寵遇を受けることはなかったが、その名声は高かった。また、多くの琵琶の秘曲を日本にもたらしたことから、琵琶の祖とされる。

藤原大継

藤原河子

 従五位下に叙せられたのち、宝亀8年(777年)少納言、宝亀10年(779年)伊予介に任ぜられる。
 桓武朝に入り、天応2年(782年)に発生した氷上川継の乱に伴い父・浜成が連座して参議を解任されると、大継もその影響を受け、桓武朝の前半は官職に就いた記録がない。延暦8年(789年)大判事に任ぜられ官界に復帰すると、のち宮内少輔・備前介を歴任する。延暦11年(792年)後宮に仕えていた娘の河子が桓武天皇の皇子・仲野親王を儲けたのちは順調に昇進し、延暦25年(806年)迄に従四位下に至った。この間、下総守,大蔵大輔,伊勢守を歴任している。
 平城朝では左京大夫,典薬頭,神祇伯を歴任し、大同3年(808年)には従四位上に叙せられている。大同5年(810年)1月4日卒去。

 祖父の藤原浜成は参議にまで昇ったが、氷上川継の乱に連座し、父・大継もその影響により要職につけず、藤原京家は衰退の一途を辿っていた。そんな時勢の中、河子は桓武天皇の後宮に入り、仲野親王をはじめ5人の親王・内親王を生んだ。この河子の入内は、祖父の名誉回復のような影響をもたらしたのではないかとされている。

 

トップへ戻る